EPAを摂って持久力アップ!

青魚に多く含まれるEPA。
DHAと並んで、不飽和脂肪酸の一つです。
EPAは、エイコサペンタエン酸というもので、青魚に多く含まれるいわゆる「あぶら」です。しかし、人間の体内では作ることができないため、口から食物を摂取し、消化管で消化吸収し活用します。EPAは、血流にのり、赤血球の膜をしなやかにする働きがあります。
そのため、末梢の毛細血管まで血液をスムーズに行き渡らせます。赤血球は、酸素と結びついて体のあちこちに酸素を送り込みますね。
赤血球と共に酸素が体内の隅々まで効率よく送り届けるため、酸素の供給量が上昇します。すると、肺や心臓の負担が軽減して持久力がアップします。お魚は体にいいとされていますが、家でも外食でも洋食が多くて・・・と、魚を食べる機会ってとっても少なくなってきていますね。
日本人の食生活自体が欧米化している傾向にあり、魚の摂取量が大幅に減ってきているのは事実でもあります。
でも、EPAだけでなく、脳に良いとされているDHAも魚には含まれているので、毎日少しずつでもよいので、食に取り入れてみてほいしです。魚はホネもあって食べづらいし、皮がキライ!とにかくニガテだから、お肉から摂れないの?と思いますよね。
肉にも不飽和脂肪酸は含まれますが、魚のEPAとは違います。
肉に含まれている不飽和脂肪酸は、血栓などを引き起こしやすいので、魚に含まれるぜひ優先して食べてみるとよいですね。
EPAを摂って持久力アップ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です